DR.FEELGOOD


mail 泣きじゃくる老人

ある日のこと、90歳の老人が公園のベンチで泣いていた。

そこに警察官が通りかかり、彼は老人になぜ泣いているのかを尋ねた。

「実は・・・」

老人は溢れる涙を拭いながら言った。
「わしは、最近、25歳の女性と結婚したんじゃ。」
「彼女は毎朝、素晴らしい朝食を作ってくれて、」
「わしを愛してると言ってくれるんじゃ。」
「お昼には、素晴らしいランチを作ってくれて、」
「わしをぎゅっと抱きしめてくれるんじゃ。」
「夜には、素晴らしい夕食を作ってくれて、」
「わしにたくさんのキスをしてくれるんじゃ。」

聞いていて腹が立ってきた警察官は、ぶっきらぼうに言った。
「おい、じいさん。いい加減にしなさい。泣くことなんて無いだろう?」
「あんた、世界で1番の幸せ者じゃないか!」

「そんな事はわかっておるんじゃよ。」
老人は涙にむせびながら言った。

「わしがここで泣いているのはじゃな・・・」


「家がどこだか忘れたんじゃい!」